2種類のリードの取り方!一塁で錯覚を利用してピッチャーをかく乱

スポンサーリンク
走塁
スポンサーリンク

この記事では2種類の一塁でのリードの取り方を紹介しています。

2種類のリードの取り方を一塁で利用すると、ピッチャーをかく乱することができます。

リードを実際よりも「小さく」見せたり、「大きく」見せたりしてプレッシャーを与えましょう。

ランナーのプレッシャーで、ピッチャーはコントロールを乱します。

一球たろう
一球たろう

野球指導歴10年の一球たろうが、ピッチャーの心理を踏まえてお伝えします。

スポンサーリンク

基本的なリードの取り方とその重要性

リードってどうやって取ればいいんですか?

一球たろう
一球たろう

超基本的なところからだな。まずはリードの重要性と基本をおさらいしよう。

基本的なリードの取り方は下記の記事で紹介しています。まずは基本を押さえた上で、ピッチャーをかく乱するリードの取り方を覚えましょう。

そのリードの取り方大丈夫?初心者必修のリードの取り方と注意点
この記事では初心者が覚えておくべき、リードの基本的な取り方について紹介しています。リードを取っていると知らない間にファーストがボールを持っていることありませんか?もし当てはまるなら大変です。今すぐリードの取り方の基本を見直し、問題点を把握しましょう。初心者のあなたが習得すれば簡単にアウトにならない「嫌なランナー」になれますよ。

リードを取ることは非常に重要です。それには以下のような理由があります。

  • リードを大きく取れれば、次の塁が近いため進塁しやすい
  • 大きなリードを取ると、ピッチャーが気にしてバッターに集中できなくなる
  • 牽制をさせることでエラーを誘発できる
  • 牽制で上手く帰塁すると、余計ピッチャーは気になる

上手なリードを取ることで、ピッチャーや野手に大きなプレッシャーを与えることができます。

一塁での方法を押さえておけば、他の塁でも応用できるのでしっかり押さえておきましょう。

リードの取り方も重要だが、帰塁はできる?

リードを大きく取る、大きく見せる前に、速い帰塁はできるようにしておきましょう。

ピッチャーにプレッシャーを与えるので、ピッチャーの牽制が多くなると考えられます。

帰塁ができないと、その時点でアウトですね。

素早い帰塁の基本!ヘッドスライディングとスタンディングの方法
この記事ではヘッドスライディングとスタンディングの帰塁で必要な基本が紹介されています。牽制の帰塁は素早く戻る必要があります。ヘッドスライディングとスタンディング二つの方法があり、基本を押さえておくことが大切です。では、その方法とは!?意外と難しい帰塁の基本をつかんで、「嫌なランナー」になりましょう。
一球たろう
一球たろう

帰塁がうまくできることが、今から紹介するリードの大前提だ!必ず押さえておこう。

一塁でのリードの取り方:オンライン

リードを取った位置に注目します。

図のようにファーストとセカンドを直線状に結んだラインの上(オンライン)にリードを取ります。

これが一種類目のリードです。

オンラインでリードを取る効果

オンライン上でリードを取ることで、以下のような効果が得られます。

  • ピッチャーからは「リードが大きく」見える錯覚が起きるため、プレッシャーがかかる
  • 次の塁への距離が最短なため、次の塁にたどり着きやすい

おそらく初心者に何も教えずリードを取ると、オンライン上に取ります。しかし、その意味や効果は理解しておきたいところ。

特に「最短」であることがメリットです。また、ピッチャーへの距離が近いため、ピッチャーからはリードが大きく見え、プレッシャーを感じます。

その分、バッテリーに警戒させるとも考えられますね。気を散らせれば、その分バッターが有利になります。

オンラインにリードを取るタイミング

オンライン上にリードを取るメリットを考えたとき、以下のようなタイミングでこのリードを取ると効果的です。

  • 盗塁を仕掛けるとき
  • ノーアウト
  • ピッチャーの牽制やバッテリーの反応を探るとき

次の塁への距離が最短であるため、盗塁を仕掛けるときは有利です。

また、ノーアウトの時は「次の塁に行く」ことが重要と考えられます。アウトカウントから考えても進塁することが優先事項だからです。

さらに大きなリードに見えるため、ピッチャーの牽制を引き出して、牽制レベルを見極めることもできます。

一球たろう
一球たろう

俺のチームでは試合序盤はこのリードをして、相手の情報を引き出そうとする。

牽制のレベルの見極めや盗塁を積極的に仕掛けて、キャッチャーのレベルを見る上でも効果的ですよね。

一塁でのリードの取り方:1歩~2歩後ろ

オンラインのリードとよく比較してみてください。

2種類目のリードの取り方は、オンラインよりも1~2歩後ろにリードを取っています。

こうすることでオンラインと比べると、どのような違いが出てくるのでしょうか。

オンラインより後ろにリードを取る効果

後ろ側にリードを取ることで、このような効果が得られます。

  • ピッチャーから遠いため、錯覚によりリードが「小さく」見える
  • 帰塁時タッチされにくい
  • 次の塁でオーバーランに入りやすいラインにいるため、次の次の塁を狙いやすい

リードが小さく見えるため、ピッチャーの警戒心が変わります。実際はオンラインと同じ歩幅で出ているにも関わらずです。

しかしその分次の塁への距離が遠くなっていることには、注意が必要です。

また帰塁がファーストミットよりも遠くなるため、タッチをかいくぐりやすいというメリットがあります。

ベースの側面に帰塁するようにしましょう。

オンラインより後ろに位置したときの第2リードの取り方

オンラインに比べて、次の塁への距離が長くなるというデメリットがあるこのリードの取り方。

第二リードでそのデメリットを消すことができます。

図のように第二リードでオンラインに入っていきます。そうすることで、第二リードを終えた時点での距離は最短です。

またピッチャーに「そんなにリードしてたの!?」と思わせることができます。

オンラインより後ろにリードを取るタイミング

オンラインより後ろにリードを取るタイミングは以下のようになります。

  • ピッチャーの牽制をもらいたくないとき
  • オンラインとの併用でピッチャーをかく乱したいとき
  • 自分がアウトになるべきでないとき

基本的には「自分が大事」なときです。例えば同じ一塁ランナーでも単独一塁と一・二塁時では、大きく意味合いが違いますよね。

また、点が僅差で試合後半や、自分が逆転のランナーなどでも自分のランナーとしての価値は大きくなります。

そんなときは、オンラインよりも後ろにリードを取って次の次の塁を狙いましょう。

オンラインとの併用によって、ピッチャーをかく乱できますよね。

一球たろう
一球たろう

そうだな。盗塁するつもりがなくて、オンラインに移動したりすると、頭の良いバッテリーは警戒してくれるからな。

それぞれのリードのタイミングや効果は相手も知っているかもしれないから、それを逆手に取るということですね。

一球たろう
一球たろう

そういうことだ!

2種類のリードの取り方を使ってみた感想

初心者たちはまずリードの取り方を覚えるのが大変です。

そのため最初はオンラインのリードしか教えませんでした。

というか、次のステップのオンラインより後ろ側のリードを教える余裕がありませんでした…

 

ある程度ランナーとして余裕が出てきたころ、

オンラインより後ろのリードを教えたところ…

 

盗塁成功率が上がりました!!!

 

やはりピッチャーをかく乱しやすいというのが大きいと思います。

また、盗塁ができなさそうな子どもでも、リードの使い分けでピッチャーをかく乱できます。

そりゃ下手そうな初心者を、牽制で刺せなかったらピッチャーもイライラしますよね。

そんなランナーばかりかと思うと、ひょこっと上手なリードを取る選手もいるため、ある意味チームのバランスは良かったです。

結果盗塁の成功率が上がりました。(僕の場合、ガンガン盗塁を仕掛けるタイプでもあったので)

2種類のリードの取り方!一塁で錯覚を利用してピッチャーをかく乱:まとめ

一塁でのリードの取り方には大きく2種類あります。

「オンライン」、オンラインより「1~2歩後ろ」のリードの取り方を使いこなせば、ピッチャーをかく乱することができます。

さらに盗塁時は「オンライン」、大きなリードを取りつつピッチャーに錯覚を与える「1~2歩後ろ」で帰塁重視、と効果を意識してリードを取れば、嫌なランナーへレベルアップです。

効果やタイミングを相手も知っているようであれば、それを逆手に取った作戦も決行可能。

相手にかく乱されないためにも、自分たちも2種類のリードの取り方を実践したいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
一球たろうをフォローする
野球っておもしろい