良き指導者のために

野球推薦で進路を決定…の前に指導者として確認しておきたいこと

この記事では地域の野球クラブの指導者なら読むべき「選手の進路」に関わる内容が紹介されています。野球をやっていると、高校から声がかかることもあります。指導者は「ぜひ推薦してあげたい」と選手を紹介したいものですよね。指導者としては、推薦や特待で紹介できれば株が上がります。 しかしその進路決定。一度よく吟味してほしいことがあります。
バッティング

ティーバッティングの意味や練習法を解説!便利な道具で効率的に!

ティーバッティングとは一体どんな意味なのでしょうか?一言でいうと、ヒットの本数を増やすために「絶対に」やり込んでおく必要があるバッティング練習です。しかもそんなティーバッティングは、防球用のネットやスタンド・マシンさえあれば簡単に自宅でも取り組めます。では、その効果は?練習法や取り組む上での注意点、コツも紹介します。
良き指導者のために

冬が終わり春が来る!ボールをさわった練習やろう!…何しようか?

野球部の冬の練習はしんどいです。そりゃもう毎日が地獄です。しかし、それも1月が終わってしまうと、選手はワクワクし始めます。冬が終わるから。ここで指導者として困るのは、「さて体力は向上したけどどんな練習をして感覚を戻そうか」です。一球たろうがやっているメニューとおうちでさせたいメニューを紹介します。
スポンサーリンク
良き指導者のために

2022年学童(少年)野球に新ルールが登場!中身や戦術について解説!

2022年から選手の身体の負担を軽減するため、学童(少年)野球における新ルールが追加されます。全日本野球連盟から出された通知を見ると、思った以上のルールの大変更がありました。新ルールの中身だけでなく、そこから考えられる戦術についても考察しています。 イニングの変更は結構大きいですよね...
バッティング

打てない初心者のバッティングフォームに潜む5つの共通点がやばい

打てない初心者のバッティングフォームには、ある共通点があります。これから紹介するバッティングフォームの悪いクセが多いほど、初心者の成長を阻害するでしょう。一球たろうは、初心者がほとんどのチームの監督でした。「初心者からなかなかバッティングが一皮むけないな...」そんな選手のバッティングフォームの特徴を紹介します。
バッティング

振り抜きやすいバットこそ「長打」「打率」の向上につながる!?

一球たろうの経験談ですが、間違いなく「長打」と「打率」の向上につながったバットを紹介しています。バットを選ぶ際、「長打」を求めれば「打率」が奪われます。トップバランスは長打が出やすいですが、芯が重く、ミートしにくいんですよね。これがセオリー...だと思っていました。が、一球たろうにはあてはまらないセオリーでした。
守備

【中学野球初心者向け】プロ野球選手モデルのおすすめ軟式グローブ4選

一球たろうの主観からおすすめ軟式グローブの4つ選び出してみました。グローブを子どもに買ってあげようと「どれがいいの?」と聞いて、「分からない」となればお手上げですよね。ベースボールキッズを持つ親御さんの多くが同じ悩みを持っています。この記事では、グローブを選ぶ基準や実績のあるおすすめグローブを紹介しています。
守備

サードの守備練習や位置・構えのコツ!サード初心者はこれを見ろ!

この記事ではサード初心者にこそ必要な能力や守備練習、基本的な構えが紹介されています。サードはもうとにかく怖い。ジュニアでは右バッターが多いので、速い打球が飛んできます。バント処理、一塁送球、ベースカバーとやることたくさんで頭がいっぱいです。この記事では、その悩みを解消するサードを守る上でのコツを紹介します。
守備

セカンドの守備の極意!守備位置や守備練習、真似すべき選手を紹介

この記事では、セカンドの守備にあたって必要な極意を紹介しています。セカンドというと「ちょこまかする選手のポジション」というイメージがありませんか?あながち間違えていませんが、守備位置や必要な能力は、意外と説明するのが難しいです。では、セカンドをやる上で身につけておきたいことや守備練習は?真似すべき選手も紹介します。
練習

【野球選手専用】走り込みの効果的で無駄のないメニューを4つに厳選

野球は「冬の走り込み」が尋常ではないほど、きついスポーツです。しかしその「尋常でないほど」の走り込みには、無駄があるかもしれません。そもそも走り込みの意味とは?メニューのどれくらいを占めるべきなのでしょう。中学生に実践させていた効果的で無駄のないメニューを紹介します。
スポンサーリンク