守備

サードの守備練習や位置・構えのコツ!サード初心者はこれを見ろ!

この記事ではサード初心者にこそ必要な能力や守備練習、基本的な構えが紹介されています。サードはもうとにかく怖い。ジュニアでは右バッターが多いので、速い打球が飛んできます。バント処理、一塁送球、ベースカバーとやることたくさんで頭がいっぱいです。この記事では、その悩みを解消するサードを守る上でのコツを紹介します。
守備

セカンドの守備の極意!守備位置や守備練習、真似すべき選手を紹介

この記事では、セカンドの守備にあたって必要な極意を紹介しています。セカンドというと「ちょこまかする選手のポジション」というイメージがありませんか?あながち間違えていませんが、守備位置や必要な能力は、意外と説明するのが難しいです。では、セカンドをやる上で身につけておきたいことや守備練習は?真似すべき選手も紹介します。
練習

【野球選手専用】走り込みの効果的で無駄のないメニューを4つに厳選

野球は「冬の走り込み」が尋常ではないほど、きついスポーツです。しかしその「尋常でないほど」の走り込みには、無駄があるかもしれません。そもそも走り込みの意味とは?メニューのどれくらいを占めるべきなのでしょう。中学生に実践させていた効果的で無駄のないメニューを紹介します。
スポンサーリンク
良き指導者のために

【問】審判にボールが当たった!ボールデッドとインプレーどっち?

この記事では、審判に打者が打ったボールが当たった時のルールを紹介しています。野球の試合では思いもよらない事態が起き、判定に困る場面が多くあります。その一つが、審判に打球が当たったときの対応でしょう。当然ルールを知らないととっさに声をかけられません。「ターイム!」と言ったその判断。正しかったでしょうか?
守備

3つのキャッチャーのフレーミングのコツでストライクが増加する!

この記事では、キャッチャーのフレーミングのコツを3つ紹介しています。「ボ...ストライク!」キャッチャーが最高のフレーミングを見せれば、審判はこのようにコールします。フレーミングの技術を向上させる上で基本的なコツは「ミット移動」「三角形の構え」「身体の真ん中」です。有名プロ野球選手の動画も見てみましょう。
バッティング

打球を遠くへ飛ばすコツは筋力以外にあり!角度とポイントで差をつけろ

この記事では、フルスイングに頼らない打球を遠くへ飛ばすコツを紹介しています。打者なら誰でも打球を遠くへ飛ばせるようになりたいですよね。だからフルスイングをしようとしますが、それに頼らないコツもあります。身体やパワーに任せない方法もあるのです!大事なことは「ミートポイント」「角度」「後ろ反り」の3つです。
バッティング

三振率が2割減少したスライダーの打ち方のコツを詳しく教えます!

スライダーの打ち方は、少しコツが必要です。何といっても、勝負球にするピッチャーが多く、空振りが取りやすい変化球ですからね。では、スライダーは打てないのか?決してそんなことはありません。打つべき高さや曲がる方向、変化幅を読み、打ち方のコツをつかめば必ず対応できます。勝負球を打たれたピッチャーの顔、見てみませんか?
その他

野球は食事もトレーニングの一つ!中学生におすすめのメニュー5品

この記事では、野球を上手くなりたい人に向けた食事や身体づくりのためのメニューを5品紹介しています。野球は食事もトレーニングの一つです。とくに中学生は、身体の大きさとパワーは比例し、基本的に野球において身体の大きさは有利に働きます。その下地となるのが食事です。練習中でもおすすめするメニューも紹介します。
その他

コロナ2年目の夏。甲子園開催にむけ地方大会スタート

コロナショックの影響がまだまだ残る2021年7月現在。 東京オリンピックの開催が決定し、どうにか盛り上げたいところですが、いまいち盛り上がりきらない現状と、盛り上がりを許さないコロナの状況。「そういえば去年の今頃は、高校野球の甲子園大会開催ぜひについて話題になってたな」最近ふと以前書いた記事が気になり、今回このような記事を思いのままに書いてみました。
バッティング

左バッターの流し打ちの3つのコツ!逆方向でもホームランは可能!

こちらの記事では、左バッターの流し打ちのコツを3つ紹介しています。アウトコースは飛距離が出しにくく、流し打ちというちょっと特殊な打ち方が必要です。しかもこの流し打ちが難しく、ホームランや長打を狙うには非常に難しい...しかしそんな流し打ちでも、3つのコツを抑えればきちんと長打を打てるようになります。
スポンサーリンク