守備

守備

パスボール(捕逸)はエラーになる?その数についても言及!

この記事ではパスボール(捕逸)について、そもそも記録上パスボール(捕逸)がエラーの扱いになるのか、またパスボール(捕逸)の数って大体どれくらいなのかを紹介しています。さらには、パスボール(捕逸)をしないために、どんな練習をすればよいかについても、紹介しています。
守備

ベース上にランナーが2人!ルールではタッチされたらどちらがアウト?

この記事ではベース上に2人のランナーがいる場合、両者がタッチされたときどちらがアウトになるのか、野球のルールを紹介しています。野球は思いがけないハプニングが起こるものです。よく起きがちなのが、ランダウンプレーでベース上に2人のランナーがいること。この場合、両方にタッチするとどちらがアウトか分かりますか?
守備

コリジョンルールの基本を解説!殺人タックルの予防とは?

この記事では、コリジョンルールの基本的な解説と、コリジョンルールが導入されるきっかけとなった殺人タックルについて紹介しています。野球界では、比較的新しいルールであるコリジョンルール。小・中学生の部活動程度では、上位の大会にならない限り、審判がコリジョンをコールすることは難しいです。ここでは、そのコリジョンの基本を解説し、導入の元となった殺人タックルについて紹介します。
スポンサーリンク
守備

レーザービームが投げたきゃこれを見ろ!肩を鍛えるだけじゃない!

この記事では外野手の花形である捕殺を増やす「レーザービーム」のノウハウが紹介されています。外野手をする人が憧れる「レーザービーム」。当然あの域に達するまでは、長い年月がかかります。それでも憧れるレーザービームを投げるために、何をすれば良いのでしょうか?習得すべきは、肩筋力、ボールの回転、制球力、そして打球への入り方です。
守備

正確な送球がしたい!内野手が送球ミスを1つでもなくすためのコツ

この記事では、内野手の正確な送球を実現するための動きやコツを紹介しています。内野手に最も求められるのは、正確な送球です。これをチーム全体で向上させるだけで、チームは格段にレベルアップします。送球ミスを一つでもなくすため、正確に送球するコツを内野手は習得しておくべきです。
守備

グローブはオールラウンドを購入!その選択ちょっと待って…

この記事ではこれから野球を始めようとする方に向けた、絶対にやってはいけないグローブの選び方を紹介しています。野球を始めるけど、グローブは何を買えば...?オールラウンドってあるじゃん!これならどこでも対応できる!...と思っていた一球たろうは失敗しました。オールラウンドのグローブを買うべきでない理由を紹介します。
守備

キャッチャーの構え方とフレーミングで投手と主審は「お前がいい」

この記事ではピッチャーが投球するときに、「このキャッチャー投げやすい」と思える構え方を紹介しています。上手そうなキャッチャーと下手そうなキャッチャーは構えで分かります。テーマは「三角形」になっているかどうか。安定感のある構えはピッチャーの制球の安定にもつながります。キャッチャーとしても、ピッチャーの荒れ球を捕球するのはいやですよね...
その他

試合前から分かる!野球が強いチームと弱いチームの見分け方

この記事では、野球が強いチームと弱いチームの見分け方を「試合前」に注目して紹介しています。試合前のあれこれで相手チームの強弱はある程度分かります。その情報は、作戦を組み立てる上でも非常に有効です。監督としての観察力を身に付けて、相手の痛いところを突く作戦を練りましょう。
守備

外野の「目切り」の方法!その前に…基本のテクニックできてます?

この記事では、外野手として身に付けておきたい「目切り」に必要な方法と、事前に必要なテクニックを紹介しています。外野手として「目切り」ができるのと、できないのとでは大きく守備範囲が変わります。しかし、安直にチャレンジすると、失敗しやすいのも目切りです。いきなり目切りにチャレンジするのではなく、ここで「自分が今どこまでできているか」をチェックしましょう。
守備

「オーライ」だけでは危険!?フライが上がったときの声かけ

この記事では、内野フライや外野フライなどが上がったときの正しい声掛けの方法を紹介しています。フライが上がった際、お見合いを避けるために行う声かけ。「オーライ」が一般的ですが、初心者はこれでもお見合い、または野手同士で衝突をしてしまいます。初心者チームであるほど必要な声かけがあります。「オーライ」だけでは絶対に、お見合いや衝突は改善できません。
スポンサーリンク