バッティング

バッティング

右打ち限定!セーフの確率を上げるセーフティバントの方法!

この記事では右打ちの方のみに通用する、セーフティバントの方法とコツを紹介しています。セーフティバントは右打ち・左打ちそれぞれ共通する部分と、違った部分があります。まずは基本を押さえた上で、右打ちに特化したセーフティバントを覚えましょう。必ずここぞというときに役に立ちます。
バッティング

左打ちのセーフティバント完全攻略編!左打ちだからこそのバント

この記事では、左打ちに特化したセーフティバントとのやり方を紹介しています。セーフティバントと言っても、基本は右にも左にも共通することがる一方、右打ち・左打ちそれぞれの特性を活かしたセーフティバントの方法があります。今回は左打ちだからこそできる、セーフティバントについて完全攻略記事を作成しました。
バッティング

フォロースルーを大きくするリストの使い方!長打量産のコツ

この記事では野球における長打のコツである、フォロースルーをどうやって大きくするのかを解説しています。フォロースルーの大きさは、長打を打つ重要なコツです。では、そもそもフォロースルーとはどこからなのか?大きくするためのリストの使い方は?これらについて解説していきます。
スポンサーリンク
バッティング

バッターボックスの立ち位置はどちらが良い?そりゃ断然…

この記事では「どちらに立てば良いか分からない」と思うことのある、バッターボックスの立ち位置について、メリットやデメリットを踏まえて紹介しています。バッターボックスの立ち位置にセオリーはあります。しかしセオリーも大事ですが、もっと立ち位置について上手く利用したいとも思いませんか?また、初心者にありがちな「あのバッターボックスの立ち位置」についても、解説していきます!
バッティング

打てないときのチェックリスト!調子を上げるために行いたい5つのこと

バッティングは水物です。いつでも打てるとは限りません。しかし物事には必ず原因があるものです。もしかすると見落としがちな「あの」原因が、あなたの打てない原因なのかもしれません。打てないことに悩み、調子が上がらないのであればまずはこれから紹介する5つの方法を試してみませんか?
バッティング

バッティングで足を上げるメリットとデメリットは?デメリット克服練習法も!

この記事では足を上げるバッティングのメリットとデメリット、さらにはデメリットを克服するための練習法を紹介しています。バッティングフォームを考えたときに、足を上げるのと上げないのとでは大きな違いが出てきます。それらを理解していないと、特に初心者は永遠に打てません。もしも足を上げるかどうかで悩む方は、一度メリット・デメリットを見直したうえで、デメリットを克服する練習をしてみませんか?
バッティング

その練習は何のため?自宅でできる効果別バッティング練習の紹介

この記事では自宅でできるバッティング練習を効果に注目して紹介しています。同じバッティング練習でも、やり方によって効果は違います。自宅で意識を高く持ってバッティング練習をするのなら、効果的にしたいところ。がむしゃらも大事だけど、今の時代「効率かつ効果的」がキーワードです。意識が高い分、効果的に練習を選べば今以上に伸びるはず!
バッティング

パームグリップ・フィンガーグリップの違いは?バットの握りいろいろ

バットの握り方は本当にいろいろです。代表的な2つがパームグリップとフィンガーグリップ。初心者に何も言わずにバットを持たせると、ほぼパームグリップになります。そもそもパームグリップ・フィンガーグリップの違いは何なのか。また、初心者であればどちら握りの方が良いのでしょうか?。他にも一風変わったバットの握り方もご紹介しています。
バッティング

高めは叩く、低めはすくう!高めと低めのボールのヒットの打ち方!

この記事では高めのボールの打ち方と低めのボールの打ち方を紹介しています。バッティングには理論があります。ダウンスイング、レベルスイングどのスイングが良いというのはありますが、それはボールの高さによって変えるべきです。高めの打ち方と低めの打ち方、どう考えても同じ打ち方はできませんよね。
バッティング

バランスを考えたバット選び!中学生にはミドルバランスをおすすめ

この記事ではバットのバランスの概要と、中学生にはミドルバランスをおすすめする理由を紹介しています。同じ種類のバットでもバランスが違うものが販売されており、その選択は非常に難しいものです。そこで、ここでは選手のタイプ別に合わせたバットバランスの選び方、「中学生はミドルバランスを選ぶべき」理由を経験から紹介します。
スポンサーリンク