キャッチャーの構え方とフレーミングで投手と主審は「お前がいい」

スポンサーリンク
守備
スポンサーリンク

この記事ではピッチャーが投球するときに、「このキャッチャー投げやすい」と思える構え方を紹介しています。

上手そうなキャッチャーと下手そうなキャッチャーは構えで分かります。

テーマは「三角形」になっているかどうか。安定感のある構えはピッチャーの制球の安定にもつながります。

キャッチャーとしても、ピッチャーの荒れ球を捕球するのはいやですよね…

一球たろう
一球たろう

学生時代はキャッチャーをしていた一球たろうが紹介します!

スポンサーリンク

構えが安定しているキャッチャーはピッチャーも安定させる

よーーし!投げるぞーー!!

来い!今日は俺が臨時のキャッチャーだ!

(何球か投げて)….なんか…お前…投げにくい

何かってなんだよ!はっきり言えよ!!

何かははっきり分からん。でも投げにくい!何だろう…顔かな?笑

投げやすい顔ってどんな顔だよ!!つーかマスクしてるから、顔よく分かんねーだろ!!

おそらくピッチャーの子どもが投げにくいのは、キャッチャーの構えに安定感がないからです。

キャッチャーは構えたその瞬間に、実力がある程度分かります。細かい構え方は後述しますが、ある程度雰囲気が出ているものです。

その雰囲気をピッチャーは敏感に感じ取り、「投げにくい」「投げやすい」と言っていきます。(ピッチャーって自己中心的なやつが多いですから)

どうせなら「投げやすい」と言われるキャッチャーになりたいものです。

ピッチャーが投げやすいと感じれば、自然と投球にテンポが生まれ、結果的に制球力の安定につながります。

そのために必要なことが「三角形」をイメージして、構えることです。

キャッチャーは三角形をイメージして構えろ!

数ある形の中で、最も安定感がありそうな形は何だと思いますか?

ついでに僕は「三角形」が最も安定しているように思えます。ピッチャーにとって投げやすいキャッチャーの構えは、「三角形」を作ることから始まるのです。

三角形に構える秘訣1:足の幅

大抵初心者にキャッチャーをさせると、足は閉じ、背筋を伸ばし、グローブは突き出したうえ、右手はしっかり背中に回した構えをとります。

まあ、教えてないから仕方のないことですが…

まず安定感のある構えのためには、三角形の底辺をなるべく長くとりましょう。

図のように足はベースの幅に合わせて開きます。こうすることで、三角形の底辺を長くすることができ、ピッチャーから見て安定した構えに見えます。

三角形に見える秘訣2:若干前かがみ

高さがある三角形と、高さがない三角形ではどちらの方が安定感がありそうですか?

おそらく高さがない方が、安定感がありそうですよね。キャッチャーとして構える時、背筋を伸ばすと大きく見える反面、高さがあるため安定して見えません。

なので構える時は、若干前かがみにすると良いです。ちょうどつま先に体重が乗り、かかとが1cmくらい浮いている状態をイメージしてください。

こうすることで、地面に目が近くなり、ショートバウンドも止めやすくなります。

一球たろう
一球たろう

まずはこの2つを意識して構えてみよう!結構見た目が変わるはずだ!

ちょっとした違いなんですけどね。

一球たろう
一球たろう

この違いで、ピッチャーが気持ちよく投げられるのなら、やってみた方が良いだろ?じゃあ、次からはキャッチャーの構えについて、細かいところを見てみよう!

制球しやすいキャッチャーの構え方はミットにもあり!

次は構えた際のミットや腕・肘についてです。

基本的な構えについては、ボールを上手く捕球することと共通しています。

もしも「うまく捕球が出来ない」「良い音が鳴らない」「ボールがグローブの中で暴れる」という人がいれば、こちらの記事を参照してください。

キャッチボールでうまく捕球したい...捕球するための基本とは?
この記事では野球初心者がキャッチボールでうまく捕球するために必要な基本が紹介されています。キャッチボールで基本ができていないのか、うまく捕球できない...体から遠い、低いボールは捕球しにくい。今回は初心者が身に付けるべき、キャッチボールの捕球の基本を紹介します。

ミットの捕球面を大きく見せる

よく指導者は制球が乱れているピッチャーに「ミットだけ見ろ」と言いますよね。

ピッチャーはキャッチャーのミットに向かって投げます。そのミット(的)が小さいと、当然投げにくいですよね。腕がしっかり触れなかったりするものです。

ミットの捕球面をなるべく大きく見せるためには、親指を突き出すように構えましょう。

とくに低めに構える時は、ミットの重たさに手が負けて、捕球面が大きく見えなくなる時があります。

低めに構える時ほど、手首を立て、親指を突き出して構えましょう。

ミットを突き出し過ぎず、肘を柔らかく使える角度に

初心者の場合、ミットを突き出すように構え(肘がまっすぐ伸びている)ていることがあります。

無理のない程度に体の近くにミットを構え、低めに構えるほどマスクも近づけましょう。

こうすることで、目から近い場所で捕球でき、取りこぼししにくくなります。

また肘はボールの衝撃を吸収するように使いましょう決してボールを掴みにいかないでください。

カーブなどで高めから真ん中周辺に落ちてくる変化球は、なるべく体の近くで捕球することで、審判から見たときストライクに見えやすくなります。

俺(キャッチャー)が構えた真ん中に投げときゃコースは決まる!

よほどピッチャーが荒れているか、バッターが100%打てないと思わない限り、キャッチャーがど真ん中に構えることはなかなかないと思います。

基本的にアウトコース、インコースそれぞれのコースを指定する際、ベースの両端のラインに体の中心を持ってきましょう。

こうすることで、ピッチャーは「最低限キャッチャーの構えた真ん中に投げれば、コースは決まる」と安堵します。

安心した気持ちは、投球の安定にもつながり、試合の安定にもつながるのです。

できるキャッチャーの構え方はフレーミングにも効果あり

フレーミングとは、ボールとストライクの微妙なコースを「ストライク!」と言わせる、キャッチャー独特の技術です。

これまで紹介したキャッチャーの構え方を実践すると、自然と主審がストライクをコールする回数が増えます。

そもそもフレーミングにおける技術とは

フレーミングの意味は分かりました。では、そのフレーミングの技術を紹介します。

  1. 外側から内側(ストライクゾーン)に移動しながら捕球
  2. 捕球した瞬間「ピタッ」とミットを止める

フレーミングにおいては、別記事で詳しく述べていますが、簡単に紹介するとこのような技術が必要です。

では、キャッチャーとの構え方との関係はどんなものなのでしょう。それは、安定感ある構え方をするキャッチャーはグラブも安定して動くのです。

この安定した動きは、審判にとってすごく安心感を与えます。

主審からみた安定感ある構えとフレーミングの効果

 

一球たろうは、主審を何度も務めてきました。その中で、安定感ある構えをするキャッチャーとそうでないキャッチャーの場合、安定感ある方がはるかにストライクをコールしたくなります。

何せボールがよく見えるからです。

もちろん主審は、ボールの軌道を集中して見ていますが、キャッチャーミットがふらついていたり、キャッチャーの身体がブレると、単純に不安に思います。

「自分に当たる可能性がある」からです。審判だって怖いです。

その点、安定した構え方のキャッチャーは、ボールに集中できるため「ストライクをコールしたくなります」

つまりフレーミングに効果あり、ということですよね。

フレーミングと構え方が与えるピッチャーへの影響

キャッチャーの安定した構えは、ピッチャーの安定感にもつながります。

単純にピッチャーから見ると「投げやすい」と思える構えなわけですね。そうなると、アウトコース低めのシブい所や、インコース高めの攻撃的な所にも投げ分けが可能です。

つまり「審判にストライクをコールさせる」ことを、ピッチャーを介して促すわけですよね。

際どい所を投げ分けるバッテリーは、主審に「このバッテリーが『ストライクだ!』というような態度を取ったらストライクなのかな?」と思わせます。

つまり、構え方とフレーミングでバッテリーが主審に対してマウントを取るわけですね。

 

構え方一つでこんなにもピッチャーは気持ちが違うんですね。

一球たろう
一球たろう

そんなもんだな。「ピッチャーを手のひらの上で自由に躍らせる」踊らされているのに気づかせないことが、キャッチャーとしての仕事の一つだな。

ピッチャーが「安心して」投げやすいキャッチャーの構え方!:まとめ

キャッチャーの構えが安定していると、ピッチャーの制球も安定します。そのために必要なのが「三角形」をイメージした構えをすること。

キャッチャーの構えで必要な「三角形」を生み出すためには、「ベースの幅に合わせて足を広げる」「若干前かがみで構える」ことが大切です。

さらにグローブの捕球面を大きく見せ、体の近くで構えることで、ピッチャーの制球が安定するどころか、審判の判定を思ったものに近いコールを引き出せます。

ピッチャーをうまく操って、キャッチャーの楽しみを感じましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
一球たろうをフォローする
野球っておもしろい