少年野球で声を出す意味とは?大阪桐蔭とクラーク戦の一件を考える

スポンサーリンク
良き指導者のために
スポンサーリンク

少年野球では、よく「声を出せ」と指導者に言われます。

だから「こーーい」「バッチがんばれー」などと、子どもが騒ぎます。

正直、その声出しに意味はありません。

さらに、声出しにはマナー違反と言われるものもあるようです。

大阪桐蔭とクラークの一戦での件についても触れながら、声出しについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

少年野球や高校野球で声を出す意味

バアアアッチこいや~~~

(あいつ本当に声でかいな~)よし、こーい!(ああ、ぶっちゃけ声出すのしんどいんだよな)

一球たろう
一球たろう

おーい!声が出てないやつがいるぞー

よっっしゃーーーーー!打ってこーい!!(しんどーーーーい、声出しって意味ないんじゃないの?)

声出しが正直いやだ、と思ったことのある野球人がほとんどなんじゃないでしょうか。

正直「意味ない」「しんどい」「だるい」と思ったこともあるはずです。

先輩から「声出てない」と言われる瞬間の恐怖と面倒くささときたらもう…

そもそも声出しは意味ないんじゃないか、とも思いますが、結論から言うと声出しには意味があります。

ただし、きちんと目的を踏まないと、ただの体力の浪費となります。

少年野球や高校野球で大きな声を出すことの効果

大きな声を出すことの効果がこちらです。

  • 身体がすぐに動く状態になる
  • 緊張感がやわらぐ
  • 連携をチーム全体で確認できる
  • 観客が騒いでいても、指示を伝えられる
  • 日々一生懸命声を出すことで声帯が太くなる

びっくりさせられたとき、人は声を出しますよね。

危機的状況に対して逃げる・戦うなどの行動をしなければなりませんが、その時身体は硬直します。

この硬直状態(交感神経優位)から、緊張をとく(副交感神経優位)ために、声を出すのです。

つまり、声を出すことは「すぐに動ける状態作り」とも言えます。

もちろん、キャッチャーの後逸後のボールの位置を知らせたり、ランナーの動きを全体に伝えたりするときは必須です。

みんな騒いでいる中で指示を伝えなくてはいけません。

だから、声を出すことには意味があるのです。

「オーライ」だけでは危険!?フライが上がったときの声かけ
この記事では、内野フライや外野フライなどが上がったときの正しい声掛けの方法を紹介しています。フライが上がった際、お見合いを避けるために行う声かけ。「オーライ」が一般的ですが、初心者はこれでもお見合い、または野手同士で衝突をしてしまいます。初心者チームであるほど必要な声かけがあります。「オーライ」だけでは絶対に、お見合いや衝突は改善できません。

意味のない声出しもある

ただ、中学野球の監督として様々なチームを見ている中で、「無駄に(意味のない)声出し」をしているチームも見ます。

その特徴がこちら。

  • 守備中の声出しが「こーい」「ナイスピッチ―」「ピッチャー楽に」と種類が少ない
  • 声をのばしている「~」時間が長い

意味のない声出しの代名詞が、中身のない(情報のない)声出しです。

とにかく種類が少ない。もっと、状況、何かあったときの動き、確認やること盛りだくさんです。

とくに守備中は。

攻撃だって、ランナーにはSBOのカウントを逐一伝えるべきでしょう。

情報を共有し合うことが声出しの本当の意味と思ってください。

「ピッチャー楽に」は、ピッチャーから思うと「わかってるわ」となるそうです。

大きな声で、情報を共有し合う声出しを心がけましょう。

大阪桐蔭高校とクラーク国際高校戦でクラークの佐々木監督が激怒

2022年11月20日明治神宮大会。

大阪桐蔭とクラーク戦で、クラークの佐々木監督から「いつまで声を出しているんだ」というクレームが入りました。

ルール上は問題ありませんが、確かに守る側から見れば、異を唱える気持ちも分かります。

セットに入った投手がいる中での声出し

クラークの投手が投球動作に入っていてもなお、大阪桐蔭のベンチから「ワーワー」と声が出ていたということです。

ルール上では、投球動作中に声を出してはいけない、ということはありません。

その点、大阪桐蔭の西谷監督も

何かを誘発するような、(走者が)『逃げた』、球種を伝えるとかはダメだと思っている。新チームで一生懸命に声を出しているだけ。それもダメなら僕の勉強不足です

と、声出しそのものはダメだと言ってはいません。

そもそもやってはいけない声出し(ルール明記分)

公認野球規則では

監督、プレーヤー、控えのプレーヤー、コーチ、トレーナーおよびバットボーイは、どんなときでも、ベンチ、コーチボックス、その他競技場のどの場所からも、次のことをしてはならない

とあり、次のことを禁止事項としています。

  1. 言葉、サインを用いて観衆を騒ぎたたせるようにあおったり、あおろうとする
  2. どんな方法であろうとも、相手チームのプレーヤー、審判員または観衆に対して、悪口をいったりまたは暴言を吐くこと

やはりルール上の問題はありませんが、変なやりにくさを感じさせる声出しは、できれば控えたいところ。

今回の騒動は、大阪桐蔭が完全に悪いかというとルール上問題ありませんし、一方クラークの監督さんの主張も分からないでもないです。

よく見るマナー違反の声出し

ランナーがいる状態で、攻撃側ベンチやランナーコーチが「走った」や「逃げた」と、盗塁を示唆する声を出すこともありますよね。

しかし、よく考えるとこの声かけは味方にではなく、相手投手に対する声かけです。

そこには「投手をかく乱してやろう」という意志があり、プレーでない部分の行為なので、好ましくはありません。

この声出しは、マナー違反なので監督としてはやめさせた方が良いでしょう。

どの人にどんな種類の声をかける?

声出しは大切だけど、意味のないものもあって、しかもマナー違反の声出しもある。

では、どんな声出し・声かけをすれば良いのでしょう

基本的には、味方に対するものはオールオッケーだと思ってください。

もちろん相手投手がセットに入っていても、味方なら大丈夫でしょう。

その中で、バリエーション豊富で意味のある情報共有を行いましょう。

投手に対する声かけ

投手に対して声をかけるのには、性格も気にしなければなりません。

できるだけ、投手の気持ちが乗るような声かけが必要です。

意味のある声かけ

  • 誉め言葉(例:ボール走ってる!、良いコースだ!)
  • ランナーのリード幅(あまりうるさいと嫌がる投手も)
  • 守ってやるという意気込み
  • バント処理の範囲(とくにサード・ファースト)

リード幅以外は、内野手であればできるだけ目を見て「伝えてあげる」とよりよいです。

投手が安心します。

意味のない声かけ

  • ストライク・ボールのカウント
  • 気持ちのこもってない「楽に」

アウトカウントは良いですが、ストライク・ボールのカウントは、野手よりよっぽど投手の方が気にしています

ボール3などは、プレッシャーになる可能性があるので改めて伝えない方が良いです。

前述しましたが、安易な「楽に」の声かけは、投手をいらだたせます。

一球たろうの高校時代、エースピッチャーがこれを言っていたのを聞いて、驚きました。

野手しかしていない人にとっては、分からない領域ですね。

野手に対する声かけ

とくに少年野球なら、まだ初心者が多いのも事実です。

初心者でも思い出せるよう、基本的に野手は情報共有、状況の確認を優先させましょう。

強いチームほど、この声かけが多いです。

意味のある声かけ

  • SBOとそのポジションに飛んだらどこに投げるか
  • ランナーの位置と足の速さ
  • 打者のスイングのクセや飛ぶ方向の予測
  • バント・エンドラン・盗塁しそうな雰囲気
  • 点差やイニングから考えられる「許容できる失点」

野手に関しては、「こーい」以外の状況の伝達なら何でもありです。

SBOや盗塁しそうな雰囲気は、当然投手も聞いておりプレッシャーがかかるのではと思いますが、野手に言う場合投手は気にしていません

むしろ、野手の動きの確認のためには必須です。

盗塁ならどちらがベースカバーに入るか、ショート・セカンドで話すべきでしょう。

相手が仕掛けてくるなら、バント処理について投手と話す必要があります。

意味のない声出し

「声かけ」というと、野手に関しては気付いたこと・何かの状況であれば何でも良いです。

しかし、「声出し」は意味のないものがあります。

  • 誰も鼓舞されない「こーい」
  • 思ってもいない「ナイスピッチ」などの誉め言葉

簡単に言うと、野手が出すべき声は「誰かが反応したくなる声」です。

同じ「こーい」でも、誰かが「あいつ声でけえ」と思えば、それは意味のある声です。

とにかく味方にも、相手にも響かない声出しは即刻辞めましょう。

体力の無駄遣いです。

打者に対する声かけ

打者に対する声かけは、何をしてほしいのか、一球ごとに変わる状況を伝えたいですね。

また、打者の悪い癖が出ないように、アドバイスすることも大切です。

意味のある声かけ

  • イニングやSBO
  • ゴロや犠牲フライ、打球の方向などの「今欲しい打球」
  • スイングの悪い癖・心がけておくべきマインド

とくに打者にとっては、一球一球求められることが変わります。

同じアウトでも、進塁打がほしいときがあれば、外野フライがほしいときもあります。

2ストライクになれば、三振しないためにおっつけて打つ、反対方向を意識するなど、普通とは違うスイングも必要でしょう。

打者によっては、悪い癖が出ないようにアドバイスをすることも必要です。

初心者は、サインを見忘れることも多々あります(これには本当に苦労した記憶が…)。

意味のない声かけ

打者の場合、比較的意味のない声かけは少ないです。

投手の場合イラつかせてしまう「楽に」も、打者に対しては、マイナスに受け取られることは少ないでしょう。

ただ、「バッチがんばれ」(一球たろうの監督する地域の少年野球でよく聞く)は最悪です。

そもそも「がんばれ」とは何なのでしょうか。

打者に対しては、個別具体的なアドバイスが効果的な声かけです。

そのような声かけは、チームメイトをよく見ていないとできません。

選手一人ひとりが、互いにアドバイスをできるようになれば、チーム力アップにつながります。

走者に対する声かけ

走者は、誰よりもSBOが分かっていなければなりません。

とくに初心者は、「ランナーが詰まっている」ことや「ツーアウトでバットに当たったらゴー」が分かりません。

意味のある声かけ

  • SBOと打球に伴う動き
  • リード幅の大小
  • ピッチャーの牽制の速さ・タイミング
  • 悪送球の場合やランナーが見えないところのボールの位置

ツーアウトなら当たったらゴー、ランナー詰まっているならゴロゴー。

当たり前のようですが、プロでもアウトカウントを間違うことがあります。

これは確認しすぎることはありません。

チームで、「2・3塁ならゴロゴー」などと決めている場合もあるでしょう。

あとは、いかにアウトにならず、投手にプレッシャーをかけるリードを取るか。

とくにランナーコーチは、このすべてを伝えてください。そのための役割です。

悪送球やライト側の飛球など、走者が視認できないところにボールがあるなら、その位置や「ゴー&ストップ」の声かけをしましょう。

意味のない声かけ

  • 投手を惑わせるような声かけ(例:盗塁していないのに「逃げた」など)
  • 投手が投球モーションに入ったときの「ゴー」
  • 「リーリーリー…」

投手を惑わせる声かけは、禁止されていることを先ほど確認しました。

また、意外と盗塁のサインが出ていないときの「ゴー」も意味がありません。

走者はその声を聞かずに、ちゃんと第二リードを取ります。

第二リードを取れない選手は、そもそも「ゴー」で動けるほど野球を分かってはいないです。

またその「ゴー」も、そのタイミングでないのに周りが無駄に言うと、ルール・マナー違反になるでしょう。

少年野球でよく言う「リーリーリー」は、全く意味がないので即刻やめるべきです。

今まで、どういう声を出せばよいのか分からず、「こーい」や「リーリーリー」を言っていました。「相手が反応してくれる声かけ」を目指します。

一球たろう
一球たろう

意味のない声出しをするよりも、一球ごとに変わる状況を伝え合う方がよほど効率的だ。もちろん、大きい声でな。あとは、マナー違反になるような声出しは、控えるようにしような。

少年野球や高校野球で声を出す意味とは?マナー違反の声かけがある:まとめ

声を出すことで反応速度を上げ、よりよいパフォーマンスを引き出すことができます。

その一方、大阪桐蔭とクラーク国際の試合のように、トラブルにつながる声出しもあるので、注意が必要です。

大事なことは、味方と情報共有するための声出しをすること。

常に、この状況では何があるのか、特殊パターンではないのか、チームメイトのあいつはそれが分かっているだろうか、と考えましょう。

それが強いチームがやっている声出しです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
一球たろうをフォローする
野球っておもしろい