セカンドの守備の極意!守備位置や守備練習、真似すべき選手を紹介

スポンサーリンク
守備
スポンサーリンク

この記事では、セカンドの守備にあたって必要な極意を紹介しています。

セカンドというと「ちょこまかする選手のポジション」というイメージがありませんか?

あながち間違えていませんが、守備位置や必要な能力は、意外と説明するのが難しいです。

では、セカンドをやる上で身につけておきたいこと守備練習は?真似すべき選手も紹介します。

一球たろう
一球たろう

野球指導歴10年の一球たろうがご紹介します!

スポンサーリンク

セカンドに求められる守備力とは

監督。俺の小学生の弟が、外野からセカンドに守備位置が変更されました。

一球たろう
一球たろう

外野から内野か。全く動きが違うだろうから、「野球っておもしろい」ってサイトでよく勉強するよう言っておけ。

言ってることが良く分かんないですが、セカンドに必要な守備力ってなんですか?

一球たろう
一球たろう

疑問が何だかアバウトだが、セカンドは結構機転が必要なポジションだ!今回はそれを見てみよう!

セカンドに守備位置変更と言われて、実際やってみると、カバーやら連携やら訳が分かりません

そもそもどのような人がセカンドに向いているのでしょう。

  • 細かいステップが得意(ラダーが速い人
  • 持ち替えが速い
  • ランナーの足・バッターのクセが見抜ける
  • 野手全体の動きを見て、最善の位置の予測ができる人
  • が良い人

セカンドはファーストに近い分、肩はサードやショートほど必要でないと考えられています。

しかし、ベース周りでの細かい動きやゲッツー・中継プレーを考えると、持ち替えの速さは必要です。

また、走者の足の速さ・バッターのクセ、打つ方向など、感覚が鋭い人ほどセカンド向きです。

カバーリングや守備範囲の広さゆえですね。

セカンドが特にやってほしい守備練習

では、先述したセカンドの守備力を鍛えるための練習メニューを見てみましょう。

感覚的な部分については、試合を観る上での分析すべき点を紹介します。

こういったことが、打球に対する勘をするどくしていくわけですね。

ラダートレーニング

先述していますが、ベースカバーや牽制の入り、一歩目の速さがセカンドには求められます。

セカンドの守備力を上げるには、ラダートレーニングは欠かせません。

ラダーというと、ハシゴ上のトレーニング器具が必要と考えがちですが、その必要はありません。

自分でトレーニングする分には、地面にハシゴを描けば事足ります。

素早さ・着地点の正確さ、この二つを意識して練習しましょう。

ゴロをさばく練習

セカンドうんぬんの前に、内野手に必須のゴロをさばく練習はたくさんしましょう。

そのときに「当てどり」と呼ばれる、グラブでボールをにぎらず持ち替える練習をしてください。

ただ完璧な当てどりをゴロでするのは、やめましょう。当てどりの真似程度に抑えてください。

目的は持ち替えを速くすることです。中継プレーでも必要な守備能力ですよね。

また、ゴロをさばく練習やステップ、セカンドとしてだけでなく内野手の基本練習もしておきましょう。

詳しくは下の記事を参照してください。

内野ゴロを捕球するためのステップ攻略!正面に入るは半分不正解?
この記事では内野ゴロを捕球するためのステップの仕方や注意点が紹介されています。内野ゴロのステップがぎこちない子どもがいますよね。初心者の場合「正面に入る」指導がぎこちなくさせる原因になることもあります。どうステップを教えれば良いのでしょうか。
ボールの持ち替えを早くするコツ公開!0.1秒でも早く送球
この記事では捕球してから、すばやくボールを持ち替えるためのコツを紹介しています。ボールの持ち替えが早ければランナーをアウトにできる確率が上がります。でもこれが意外と、早くしようと思うと力が入っちゃってボールの持ち替えがうまくいかないんですよね。持ち替え方を変えだけで劇的に送球を早くすることが可能です。そのコツとは?さらに初心者が陥りやすいクセはどこなのかも解説します。

スナップスロー

ファーストとの距離が近いセカンドは、とにかく捕球からスローまでの速さが求められます。

そこで、スナップスローは欠かせません。送球までの速さに特化した投げ方ですね。

ついでにコントロールも良くなります。

スナップスローは、必ずしも上からではなく、サイドからする場合もあります。

むしろセカンドをやっていると、ほとんどサイドからのスナップスローです。

スナップスローについては、下の記事を参考にしてください。

初心者でもできる投げ方を修正する超簡単な練習!スナップ編
この記事では初心者がスナップを使った投げ方に修正するための超簡単な練習方法が紹介されています。初心者はスナップを使った投げ方ができません。その理由や練習法はどのようにすればよいのでしょうか。今回は、家でも取り組める超簡単な練習方法を紹介しています。

連携の確認と反復練習

 

 

強いチームほど、プレーが起きる前に外野手と内野手、内野手同士が連携の確認をしています。

ベースカバーなのかエラーのカバーなのか、フライの声かけ、など試合経験を積まないと感覚は研ぎ澄まされません。

セカンドはその点が要求されるポジションで、守備のミスを防ぎ、ミスの被害を食い止める役割が多いです。

バッターの打球の速さや方向、ショート・ファーストの守備力によっても、動きは変わります。

もちろん自分の肩や走力も計算して、ショートにカットに入らせるのか、自分が入るのかも変わります。

身もふたもない話ですが、試合経験とノックでの反復練習により、頭で考えなくても良い状態にしましょう。

セカンドの守備範囲向上のために

プロ野球選手でも、異常な守備範囲をするセカンドの選手っていますよね。

守備範囲を広い選手の特徴を真似しましょう。真似は上達への近道です。

  • プレジャンプ(ミートの直前に小ジャンプし、ミートの瞬間に着地)
  • 失敗してもいいから打球を予測する
  • ミートした瞬間のバットの角度を見るクセをつける
  • 牽制の出入りを早くし、なるべく投球した瞬間は定位置に近い所に戻る

プレジャンプは、もはや内野手必須の動作です。

打球の予測と、バットの角度を見るクセをつけると勘が良くなり、一歩目の速さにつながります。

一歩目が速いと当然守備範囲も広くなりますよね。

また、牽制のベースカバーはセカンドの守備範囲が狭くなる要因です。

定位置に速く戻れると、一二塁間の打球に間に合います。

真似したいセカンドの選手

最後にセカンドとして有名な選手を紹介します。

とくにセカンドの前のボテボテのゴロのさばきかたは、参考になります。

広島カープ菊池選手

セカンドといえば、やはりカープの菊池選手はもはや鉄板ですよね。もはや芸術です。

ここで注目したいのは、ダイビングキャッチによるプレーでなくて、ボテボテのゴロ

ボテボテのゴロのツッコミ・持ち替え・送球の速さが異常です(動画0:05ごろ)。

ここでファーストに速い送球をすると、ファーストが捕れませんし、逆に遅いとセーフになります。

せっかくのボテボテのゴロ。絶対アウトにしたいところです。セカンドの守備力が試さます。

元ホークス本多選手

現ホークスの守備走塁コーチの本多選手は、セカンドとしても超名プレイヤーでした。

本多選手だけでなく、セカンドのプレーとして一二塁間の打球をさばいて、クルンって回って投げる動作はカッコいいです。

ジャンプ一番のファインプレーも真似できたらカッコいいですね。

常葉菊川町田選手

まさかのここで、プロ野球選手では選手の紹介です。

常葉菊川の町田選手は、個人的に超推しのセカンド。

セカンドといっても、他の内野手と共通する動きはたくさんあります。

その中でもセカンドにしかない守備の動作というと、やはりゲッツー時の二塁送球でしょう。

自分の左側の打球は、クルッと回る(動画序盤)、右側の打球は足を踏ん張って投げる(動画1:24)動きは、まさにセカンドの華です。

ぜひとも真似したいですね。カッコいい!

プロでない選手なのに、町田選手ってかっこいいセカンドですね!

一球たろう
一球たろう

個人的にはやっぱりゲッツーの送球は、セカンドにしかない動きだから、かっこつけてほしい!

弟にも伝えますね!

一球たろう
一球たろう

もちろん基本的な内野手の動作や守備を覚える方が先決だからな!

セカンドの守備の極意!守備位置や必要な能力、真似したい選手も:まとめ

セカンドの守備力向上には、守備範囲の広さや持ち替えの速さ、勘が良いという要件が必要です。

そのための練習として、ラダーやスナップスローの練習は欠かさないようにしましょう。

プロ野球選手の菊池選手や本多選手、元高校野球児の町田選手の動きを見てセカンドにほれ込んでください。

もちろん内野の基本的な守備動作を身につけることが大事です。

その上で、セカンド特有の動きで「超カッコいい」選手を目指しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一球たろうをフォローする
野球っておもしろい