三振率が2割減少したスライダーの打ち方のコツを詳しく教えます!

スポンサーリンク
バッティング
スポンサーリンク

スライダーの打ち方は、少しコツが必要です。何といっても、勝負球にするピッチャーが多く、空振りが取りやすい変化球ですからね。

では、スライダーは打てないのか?

決してそんなことはありません。打つべき高さや曲がる方向、変化幅を読み、打ち方のコツをつかめば必ず対応できます。

勝負球を打たれたピッチャーの顔、見てみませんか?

一球たろう
一球たろう

勝負球のスライダーに対応できたら、相手ピッチャーは投げる球がなくなるぞ!一球たろうのチームでは、このコツを実践して、三振率を2割減少させた選手もいた!

スポンサーリンク

右投手と左投手のスライダーの特徴を知ろう!

スライダーを勝負球として持っているピッチャーは多いです。

キレのあるスライダーほど、速球と組み合わさると本当に「消えた」ように見えます。

このスライダーの打ち方を知る前に、まずはスライダーとはどんな変化球なのか押さえておきましょう。

また、自身が右・左どちら打ちで、そして相手ピッチャーが右・左どちら投げなのかも重要な要素です。

スライダーの特徴と曲がり方

スライダーには大きく、縦方向に曲がる「縦スライダー」と、横方向にすべるように曲がる「横スライダー」があります。

現在のジュニアや高校野球では、縦スライダーを投げるピッチャーが多いです。そんなスライダーの特徴がこちら。

  • キレがある(急に曲がる)
  • 変化幅が大きいとマジでストライクからボールに変化する
  • 空振りが取りやすい

うーん。これは簡単に打てるものではなさそうですね…

しかし、どんな変化球でも結局は、打つポイントを通過するわけです。対策をきちんとやれば必ず打てます。

右打者から見た右投げのスライダー

まずは左右の打ち方、そして左右の投げ方別にスライダーを解析してみましょう。

右打者から見た右投げのスライダーには、「だんだん自分から遠くなりながら落ちる」という特徴があります。

つまり、縦スライダーであっても、相手が右投げである限り少しずつ自分から遠く(アウトコースに向かう)ということですね。

右打者から見た左投げのスライダー

右打者から見た左投げのスライダーは、さきほどと逆の現象がおきます。

つまり「自分に向かってきながら落ちる(インコースに向かう)」変化となるわけです。

後述しますが、実は右打者に対して左投げのピッチャーは、スライダーを勝負球として選択する可能性は低くなります。

単純に打たれる可能性が上がるからです。(詳しくは後述)

左打者から見た右投げのスライダー

一球たろうは左打ちです。そして自身が選手だったころ、この右投げのスライダーは「得意」でした。

左打ちから見た右投げのスライダーは、「自分に向かってきながら落ちる」変化球だからです。

タイミングさえ崩されなければ、右投げのスライダーは打つことができます。というか、タイミングを外されても、打てます。

先ほどの右打ちから見た左投げのスライダー同様、勝負球として使用されることは少ないです。

つまり自分のインコースに向かってくる変化球は、バットに「当てやすい」ため、あまり相手ピッチャーが投げてこない、と踏むことができます。

左打者から見た左投げのスライダー

一球たろうは、これが対左のスライダーが一番苦手とする変化球でした。

右・左投げの違いだけで、同じスライダーなのに、まったく違う変化球になるのです。

この場合、一球たろうから見て「自分からだんだん遠ざかりながら落ちる」スライダーになりますね。

もちろん苦手ではありましたが、きちんとスライダー用の打ち方も持っていたので、カットできることもありました。

対策すべきスライダーの性質をしぼれる

自分の打ち方と相手の投げ方を見るだけで、必然的に打ち方を習得すべきは「自分から遠ざかっていく」パターンのスライダーであることが分かりますね。

もちろん「自分に向かってくる」スライダーの打ち方も、後述しています。

しかし、まずは自分から遠ざかるスライダーをなんとかしましょう。これで空振り三振をする可能性も、ぐっと減るはずです。

ストレートとスライダーの見極め

もちろん100%を保証するものではありませんが、ストレートとスライダーの見極めはカウントや投手のクセでできる場合があります。

カウントや状況でスライダーを見極める

試合の流れやカウント、ランナーの状況からスライダーの可能性を見極められます。

  • 上位打者の勝負球(2ストライク)
  • 上位打者の一球目
  • ランナーなしまたは得点圏外
  • 2アウト

上位打者にはやはり、打ちにくい球を投げたくなるものです。打たれるのを警戒して、一球目で投げる場合もあります。

下位打者の場合スライダーを投げるとしたら、三振を取りにいく場面でしょう。

スライダーはパスボールの可能性もあるため、得点圏にランナーがいると投げにくいです。しかし、2アウトだと、三振を取れば良いので投げてくる可能性が上がります。

投手のクセで見極める

かなり目が良くないと、見極めが難しいですが、投手のクセでスライダーを見極められる場合があります。

  • セットに入ったグラブでゴソゴソ持ち替えている
  • グラブから手が出た瞬間、手首の角度がストレートのときより反っている

大抵ピッチャーは、サインが決まる前にはストレートのにぎり(ツーシーム)をしています。

サインが決まったのちに、それをゴソゴソと動かすクセがあると、分かりやすいですよね。

また、ひっかくようにしてスライダーを投げる投手の場合、投球動作に入って、グラブから手が出た瞬間の手首がストレートより反っていることもあります。

スライダーの高さを見極めろ!

ボール球を振るな」これを言われたことのない野球人はいないでしょう。

しかしスライダーはとくに「ストライクになる」と思って打ちにいったのに、スイングした瞬間は「ボールになっている」変化球です。

では、ストライクになるスライダーと、ボールになるスライダーを見極められれば、空振りする可能性も減るはず!

肝心なのは、ストライクゾーンを通過するときの高さの見極めです。

高さの見極めには投手の観察が必要

当然相手ピッチャーのスライダーがどれだけ曲がるのかは、見ておく必要があります。

試合前の投球練習は、しっかり見ておきましょう。

「プレイボール」のコールで試合が始まるのではありません。試合前の準備段階から、試合は始まっているのです。

そのスライダーの変化幅を見て、打ち方や考え方、狙い球を変えるべきです。

ストライクゾーン低めのスライダーは振らない!

そもそも低めのボールというものは、スライダーであろうと、ストレートであろうと打ちにくいものです。

スライダーの場合、投げ始めが低めのストライクゾーンの高さだと、確実にボールになります。

このボールで振ってしまうと…すんげえピッチャーが調子に乗ります。危険です。

低めのスライダーを「切り捨てる」という考え方を持ちましょう。

バッターが打ちにこない、となるとピッチャーの勝負球はボールとカウントされます。

はい。勝負球を封じることができました。

真ん中に向かってきたスライダーを打て!

プロ野球を見ていると、ホームランになるパターンの定石として、真ん中に「抜けた」スライダーを打たれるパターンがあります。

このときのスライダーは、投げ始めがバッターの肘の高さくらいでやってきます。

このボールは、思いっきり打ちに行きましょう。多少強引でも、引っ張りに行ってかまいません。

それだけの「超チャンスボール」です。

2ストライクからのスライダーの打ち方

特に縦スラは2ストライクからの勝負球に使われます。

2ストライク追い込まれている状況から、投げられるスライダーは効果絶大です。

しかし勝負球となるのは、先述したように「自分から遠くなるスライダー」になる場合が多い。

このことから考えると…

スライダーの打ち方の秘訣は流し打ちにあり

2ストライクからは打ち方を変え、スライダーを反対側へ打つ意識を持てば良いのです。

アウトコースの打ち方ですね。この時、真ん中のボールであっても、反対側へ打とうとしてください。

流し打ちを狙ったときに怖いのが、インコースにボールが来ることですが、自分から遠くなるスライダーの場合、インコースに決まることはなかなかありません。

身体に近いと、バットに当てやすいからですね。空振する確立がぐっと減るはずです。

流す打ち方ができれば、大抵のボールに食らいつけます。引き付ける必要があるため、手元までボールを見ることになり、いざとなればスイングを停止することもできます。

それでボールと判定されれば、スライダーを封じたも同然ですよね。

流し打ちに関しては、下の記事を参照してください。二つ目の記事の、井端選手の流し打ちは右打ちの方にとって、非常に参考になると思います。

左バッターの流し打ちの3つのコツ!逆方向でもホームランは可能!
こちらの記事では、左バッターの流し打ちのコツを3つ紹介しています。アウトコースは飛距離が出しにくく、流し打ちというちょっと特殊な打ち方が必要です。しかもこの流し打ちが難しく、ホームランや長打を狙うには非常に難しい...しかしそんな流し打ちでも、3つのコツを抑えればきちんと長打を打てるようになります。
かっこよくてお手本にしたいプロ野球選手のバッティングフォーム11選
この記事では一球たろうが、初心者におすすめしたい「かっこよくてお手本にすべきプロ野球選手のバッティングフォーム」を紹介しています。初心者だからこそ良いもののマネはすべきです。その上で「誰をお手本にするか」は大事なところ。ここでは理にかなっていて、お手本にしてもらいたいプロ野球選手のバッティングフォームを紹介します。

グリップを下げる

よくバッティングで「ブリップを当てにいけ」と指導されることがありますよね。

あれはかなり道理に沿っていると思っています。グリップが向かう方向こそ、バットの軌道を決める重要な要素です。

縦に曲がるスライダーということは、低めに落ちるということ。

どれだけ真ん中に最初は向かってきたとしても、グリップをしっかり下げて(地面方向に向けて)スイングしにいきましょう。

キレの良いスライダーほど急激に曲がるため、スイングし始めのときにはまだ曲がり始めのこともあります。

スライダーを打つ!と決めたら、迷わずスライダーを打ちにいきましょう。つまり予想です。

それが実はストレートで、空振り三振したとしても、ピッチャーに「スライダーが狙われている」と思わせることができます。

これで次の打席はしぼりやすくなりますよね。

びびるな!逃げるスライダーを打つコツは踏み込みにあり

カーブしかり、スライダーしかり。この手の変化球の打ち方において、踏み込むことは最も重要なコツなのかもしれません。

何しろ、右打者対右投げ、左打者対左投げの場合、踏み込むことはもはや恐怖です。

しかし、自分から遠くなるスライダーを打つ最大のコツは、踏み込む事であることは間違いありません。

単純に自分の身体の近くにミートポイントを置くことができ、引き付けることもできるし、バットに当てやすくもなります。

と、すると2ストライク追い込んで、スライダーを投げる投手であれば、基本的な打ち方が決まります。

  • 踏み込む
  • 流し打ちを狙う
  • 低めのスライダーは打たない

この三つですね。

自分に向かってくるスライダーの打ち方とコツ

比較的打ちやすい(当てやすい)のが、自分の身体に向かってくるスライダーです。

つまり、右打ち対左投手、左打ち対右投手のパターンですね。

この打ち方のコツは、引き付けて引っ張るように「すくいあげる」ことです。

低めのスライダーはアッパースイングの打ち方が最適

スイングにおいては、レベルスイングが良いとするのが現代の野球です。

もちろんダウンスイングにもメリットがありますが、さまざまな指導動画や現場の指導、近年の科学的な分析によると、レベルスイングが良いとする意見が多いですよね。

しかし、低めのスライダーの場合すくいあげる、つまりアッパースイングのような打ち方でスイングするのがコツです。

それが縦に落ちるスライダーを、「線で捉える」ための打ち方だからです。

アッパースイングは何かにつけて「悪いスイング」だとされることが多いですが、一球たろうは、低めのスライダーやカーブ、フォークといった変化球に最適なスイングだと考えます。

低めのボールはこう打て!ホームランにするならアッパースイング?
この記事では2020年7月7日に行われたソフトバンクvs楽天に見られた、低めの打ち方を紹介しています。ピッチャーは基本的に投球を低めに集めます。その理由は、バッターが打ちにくいからです。ではその打ちにくい低めをどう打つか。低めの打ち方をプロ野球選手が見せてくれました。

引き付けて引っ張れ

すべての変化球に共通する目的は、バッターのタイミングをずらすことです。

となれば、当然キレの良いスライダーとはいえ、ストレートよりも遅く、タイミングがずれています。

だからこそ、しっかり引き付けて打ちにいきましょう。

また、自分の身体に向かって来ているということは、インコースに近いということ。

これを引っ張らずして、どのボールを引っ張りましょう。「引き付けて引っ張る」これが、自分に向かってくるスライダーを打つコツです。

うまくいけば、打ちにくかったスライダーが得意になり、長打を打てるようになります。

引き付けて引っ張るイメージで、自分に向かってスライダーを打つことができれば、ピッチャーにかなりのトラウマを植え付けられます。

ツイスト打法のコツをマスターすればスライダーに対応できる

ツイスト打法は、タイミングをずらされても強引に変化球を叩ける打ち方です。

巨人の阿部選手は、ツイスト打法で有名なバッターでした。

ツイスト打法ができれば、スライダーで外されたタイミングも修正できますし、何よりバットに当てられる可能性が高まります。

一球たろうは、苦手な左投げのスライダーをこれで逃げていました。ちょこんと当てて、反対側に打つイメージですね。

下にツイスト打法を紹介しているので、ぜひ参照してください。

究極のツイスト打法、ここに極まれり。ツイストのコツや練習法とは?
この記事では野球におけるツイスト打法の、メリットや特徴、練習方法やコツが紹介されています。巨人の阿部選手や丸選手で代表的なツイスト打法。まず名前がかっこいい。名前だけでなく、ツイスト打法をマスターすると、三振率が下がったり、打球が鋭くなったりする効果もあります。習得に特別な器具がいる練習ではないので、頑張って練習してツイスト打法をマスターしましょう。

スライダーを打ちに行く際注意すること

スライダーの打ち方のあれこれをご紹介しましたが、最後にスライダーを狙う上での注意点をご紹介します。

これを知っておくことで、相手ピッチャーの手玉に取られる失態は犯しません。

スライダーに肩が開いてしまうと「負け」

とくにアウトコースに向かうスライダーに対して、ミートする前に自分の胸がピッチャーに見えてしまう状況(開く)になると「負け」です。

その状態からスライダーを打つのは、非常にむずかしいでしょう。というか、無理です。

スライダーやカーブなど、変化球の本質はタイミングを外すこと。

ミートする瞬間は、胸が流し打ちの方向へ向いているとき、と意識しましょう。我慢、ガマン、Gamanです。

スライダーの裏をかいてくるピッチャーに注意

スライダーは確かに勝負球にもなるし、ここぞというときにピッチャーが投げてくるボールです。

しかし、その裏をかいて「インコースにストレート」を投げてくるピッチャーもいます。これには注意したいですね。

その打席での意味を考えて打席に立ちましょう。

例えば「スライダーを狙っていることをアピール」するのであれば、インコースのストレートを見逃すのもありです。

次の打席で打つ定石ができますから。

一方追い込まれる前までに、スライダーを打つアピールをしておいて、勝負球のインコースストレートを狙う、という手もあります。

ここはピッチャーとの駆け引きですね。

カットで逃げる作戦も有効

これまで紹介したようなスライダーの打ち方があるとはいえ、それでもキレの良いスライダーは非常に有効で、空振りを取りやすい変化球です。

だからこそ、追い込まれたら徹底的に「引き付けて反対方向」へ打つ意識をして、逃げることもありだと思います。

必ずしもいつも同じ球をピッチャーが投げられるわけないですからね。

スライダーの次に投げる球種を考える

例えば勝負所で、スライダーをカットしたり、見逃してボールにしたとしましょう。

と、なると次の球種はなんだと思いますか?

あくまで一球たろうが見てきて感じたことですが、2球連続で同じコースにスライダーを投げるピッチャーは少ないです。

ということは、むしろ次の球を打ちにいくべきとも言えます。

あくまでもスライダーを勝負球としているピッチャーの場合ですがね。

しかし、勝負球という「自信のある球種」だからこそ、もう一球投げてくる可能性ももちろん否定できません。

中学生野球を10年以上見てきた一球たろうの、あくまでの感覚の話です。しかし、ここぞってときは感覚が頼りになることも…

スライダーの打ち方のコツをつかめば三振率が2割減少した!:まとめ

スライダーの打ち方のコツをつかんだ選手は、三振率が減少しました。

  • 相手投手と自分の左右からスライダーの可能性を考える
  • 高さを見極める
  • 2ストライクからは反対側へ打つ意識
  • 自分に向かってくるスライダーはアッパースイング
  • ツイスト打法でタイミングを調整
  • 開かない

スライダーの打ち方は、カウントや相手投手の投げ手によって変わります。

勝負球として使われやすいだけに、打席に立った時のスライダーの可能性を常に考えておきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
一球たろうをフォローする
野球っておもしろい