野球のルールをクイズで覚えよう!全問正解しなきゃ審判はするな!?

スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク

今回は野球のルールをクイズ形式で出題し、初心者に優しい野球ルール講座を開催します。

野球のルールは意外と難儀なものがあり、実際に審判をやっても迷ったりすることがありますよね。

ということで、今回はそんな難儀な野球のルールをクイズで楽しく覚えてもらいます。

野球を普段からしている人にとっては簡単かもしれません…多分

一球たろう
一球たろう

クイズの出題は私一球たろうが務めて参ります。

スポンサーリンク

野球のルールをクイズで覚えよう!初級編

一球たろう
一球たろう

ということで、今日はクイズ形式で野球のルールを覚えてもらう。準備はいいか?

オッケーです!

一球たろう
一球たろう

では、野球のルール「初級編」第一問!

ピッチャーのボールをバントしたとき、片方の足が完全にボックスのラインを越えてしまった。そのときはどんな対応になる?

(もっと優しい一問目かと思ったけど、一般人は答えられないだろうな…)バッターアウトです!

一球たろう
一球たろう

正解!ついでに足が「完全に」ラインを越えていないとアウトとはジャッジされないルールからな。

では野球クイズ第二問!

1アウト一・三塁。ピッチャーがプレートに軸足が乗った状態で、サードに偽投をしてファーストに投げた。どうなる?

(「どうなる?」ってクイズの聞き方が雑だな…笑)えーっと。これは…ボークになります!

一球たろう
一球たろう

おお!素晴らしい!二問連続正解だ!さすがだな。

昔はルール上問題なかったが、今は禁止されている。つまりイリーガルピッチというルールでボークだ。

では野球クイズ第三問!

インフィールドフライが宣告されたが、サードランナーは飛び出していた。しかも内野手がフライを落としてしまった。サードランナーはこのときホームベースを踏んでいた。守備はサードにボールを投げ、ベースを踏んだ。結果は?

(うう。初級編でインフィールドフライかよ。しかも内野落としてんじゃん!)

えっと。。。本来ならランナーは戻らないといけないのですが、フライを落としているので「セーフ」です。

一球たろう
一球たろう

お前アホそうに見えて意外と野球のルール覚えているんだな。正解!!

ついでにインフィールドフライが宣告されたその瞬間に、バッターはアウトなので、もし満塁からインフィールドフライが宣告されて、野手が落としても次の塁に「行かなければいけない」わけではないので、気を付けておこう。

一球たろう
一球たろう

だからこの動画のプレーは、タッチをしないとアウトにはならないんだな。主審はアウトをコールしてしまっているけど、インフィールドフライはそれほど複雑なルールだし、さらに落とすとなるとあまり見られないからな。よく覚えておこう!

プロの審判でも、判断間違っちゃうんですね。これが初級編ですか…

一球たろう
一球たろう

では、初級編ラスト野球クイズ!

打球が下の図のように転がっていった。フェア?ファール?

(なかなかいい問題だな…)ベース手前でバウンドして、ベースの上を越えてファールゾーンに出ているので「フェア」!!!

一球たろう
一球たろう

すばらしい!初級編全問正解だ!

ついでに、ベースの手前でバウンドして、ベースの上を通過せずに超えた場合は当然ファールだな!

ここまで答えられた人は、ぼちぼち球審も任されているのではないでしょうか。

道具は揃えられていますか?

【お父さん用】野球の審判をやる保護者におすすめの審判道具を紹介
監督としてはもちろん、お父さんとして息子の野球に関わっていると「審判してくれ」と頼まれます。塁審ならまだしも、とんでもないときは球審もやらなければなりません。最初はチームの備品を借りていたはず。でも、もう何回かやったなら、審判道具を少しずつ揃えてみませんか?どうせこれからも頼まれますので。笑

ちょっと休憩して…野球のルールをクイズで覚えよう!中級編

一球たろう
一球たろう

では、少し難しくして、野球クイズ中級編いくぞ!

このまま全問正解で走り抜けますよ!

一球たろう
一球たろう

野球クイズ中級編第1問!

内野ゴロを打ったバッターの足とボールを持ったファーストの足が、一塁ベースに「同時に」ついた。野球のルール上これはセーフ?アウト?

(うお!?なんかやっぱりレベルが上がったな…でも有名なやつだぞ)うーん。二択なのに難しい…セーフじゃなかったかな…?

一球たろう
一球たろう

何だその自信のない感じ!しかし正解だ!同時は「セーフ」となる。

「打者がフェアボールを打った後、打者走者として一塁に達する前に、その身体または一塁に触塁された場合(は打者アウト)」

決して野球のルールブックにそう書いてあるわけではないが、一塁に到達する「前」ということは、「同時は含まれない」と判断されてセーフになるわけだ。

おお。ルールにも明記はされていないんですね。

一球たろう
一球たろう

よし!どんどん行こう。野球クイズ中級編第二問!

キャッチャーゴロを打ったバッターが走っているとき、ダイアモンドの内側を走っていた。キャッチャーの送球がランナーに当たってしまい、バッターランナーはそのまま一塁ベースについた。どうなる?

(出た!雑な聞き方!)これは中級編と言う割には、簡単ですね。アウトです。

一球たろう
一球たろう

調子がいいな~。正解だ!

これも有名な日本シリーズの一戦だな。下の動画が良い解説をしている。

一球たろう
一球たろう

よっしゃ、続いて野球クイズ第三問!

ランナー一塁で、ちょうど一・二塁を直線で結んだところで、セカンドと一塁ランナーが接触してしまった。さてルール上どちらが悪くて、どちらのルール違反が取られる?

(むず!なんか条件がリアルだ。正直分からんけど、二択だからな…勘で)ランナーが悪い!

一球たろう
一球たろう

お前今絶対勘で言っただろ。だが…正解だ!!!!!!

どちらも悪くはないんだが、基本的にはランナーと守備との関係は、守備機会がある方が優先される。つまり野球のルールでは、ランナーは走路上に守備選手がいたら、それをよけて走らないといけないということだ。

「どっちも故意ではない」みたいなパターンが一番難しいですよね。

一球たろう
一球たろう

では、野球クイズ中級編ラスト!

ホームクロスプレーのタイミングで、ホームベース上でキャッチャーはボールを待ち構えていた!さて、ギリギリアウトのタイミングだが、審判がコールするのは?

(ん?以前こんな記事がこのサイトで紹介されていたぞ?)これはコリジョンですね。アウトの宣告するかもしれませんが、すぐにタイムをかけて「オブストラクション」をコール。走塁妨害として、ランナーはセーフになります。キリッ!

一球たろう
一球たろう

「どやっ」みたいな感じがむかつくけど、正解だ!よく覚えていたな!

コリジョンルールの基本を解説!殺人タックルの予防とは?
この記事では、コリジョンルールの基本的な解説と、コリジョンルールが導入されるきっかけとなった殺人タックルについて紹介しています。野球界では、比較的新しいルールであるコリジョンルール。小・中学生の部活動程度では、上位の大会にならない限り、審判がコリジョンをコールすることは難しいです。ここでは、そのコリジョンの基本を解説し、導入の元となった殺人タックルについて紹介します。

中級編は簡単でしたね…野球のルールをクイズ形式で!上級編

一球たろう
一球たろう

いよいよ野球クイズ上級編だ!覚悟はいいか!

はい!大丈夫です。

一球たろう
一球たろう

んじゃ、野球クイズ上級編第一問!

ランナーがいる場合の「ボーク」は、ランナーが次の塁に行きますが、ランナーがいないとき「ボーク行為」があるとどうなる?

(ええ?ボークってランナーがいるときにあるんじゃないの?)難しいです…でも、ランナーがいないんじゃどうしようもないし、でも反則なんですよね。「ボール」ですか?

一球たろう
一球たろう

何でクイズなのにこっちが質問されてるんだよ!しかも正解だよ!!!

例えランナーがいなくても、ピッチャーの投球がファールゾーンまで届いていなければ(ボールを落としてしまうなど)ルール上ボークは成立する。その時は「テイク1ボール」だな。俺も一度だけ審判やっててコールしたことがある。

まさかの盲点でした…

一球たろう
一球たろう

では、続いて野球クイズ第二問!

ランナー一塁の状態で、ダイヤモンドの内側にいる審判に打球が直撃してしまった。さて、どうなる?

(審判よけろよ!!!…でもあり得ないプレーではないな…)上級編は難しいっすね…とりあえずそのまま流しちゃう!!

一球たろう
一球たろう

ざ~~んね~~ん。連続正解記録はここまでだったな。

この場合「ボールデッド」となり、バッターは次の塁に安全にいくことができる。つまり単打みたいな扱いだな。

ちくしょー。勘を含めた連続記録が…難しいですね!!!

一球たろう
一球たろう

実際プロでも起こったプレーだがな。ついでに、審判がダイヤモンドの外側にいる場合は、ボールインプレー。つまりそのまま流すルールになっている。審判も悪気はないんだが、当たるときには当たるものだ。

できるだけ当たらないようにはしなくちゃいけないですね。

一球たろう
一球たろう

連続記録がなくなって気持ちが楽だろう。続いて野球クイズ上級編第三問。

1アウト三塁で、外野にフライが上がり、ランナーはタッチアップした。ランナーの足が離れた瞬間に、外野が捕球したように見えたが、一度ファンブルしてもう一度捕球しなおした。さて、この時サードランナーの扱いはどうなる?

いきなり説明しなければいけないんですね!うーん。これだと、「アウト」の判定がどこか、が大事ですよね。だからサードランナーは「スタートしちゃいけない」で!

一球たろう
一球たろう

お~~。なかなかよく考えて答えを出したな。正解だ!!

これは「アウト」がどこで成立したか、が問題でランナーがスタートしたときは「アウト」になっていない。だからスタートは切っちゃいけないわけだ。もしも守備側がボールを持った状態で三塁ベースを踏むと「アウト」が宣告される。

さらに気をつけることは、もしも守備側がそのアピールプレーをしなければ、プレーは流されて得点は認められるんだ。

アピールプレーってぎりぎりのところで自分たちを救うことがあるんだ。

だから、タッチアップのときは必ず審判にアピールだけはしろ、っていつも言っているんですね。

一球たろう
一球たろう

その通り!では野球クイズ上級編ラストの問題だ!最後は上級編だけど、簡単にしてやろう!

1アウト満塁で外野フライを打ち上げ、外野が捕球し三塁ランナーはタッチアップで本塁へ到達した。その後二塁ランナーは挟まれてアウトになったが、守備側が「三塁ランナーのリスタートが早かった」とアピールし、三塁ベースを踏んだ。実際に三塁ランナーは、外野が捕球するよりも早くタッチアップしていた。このとき得点は認められる?

なんだか、ややこしい事態ですね。ん~~~~さっぱり分かりません。とりあえず得点は認められているんじゃないですか?二塁ランナーのアウトが宣告されているので、そこで攻守交代が判断される、みたいな。

一球たろう
一球たろう

ん~~残念!不正解だ!これは「4アウト」と呼ばれるやつだな。

ここで言う4つ目のアウトは、抗議によって実現した三塁ランナーのタッチアップ。これは4つ目のアウトであるんだが、「リスタートが早かった」とされたので、これが3つ目のアウトにすり替えられる。もしも、リスタートが早くないと判断されれば、3アウト目がセカンドランナーに適用され、どちらにしろ攻守交代だ。

頭痛くなる野球のルールだろ?笑

できれば、この場面に出くわさないこと願うばかりです…

一球たろう
一球たろう

まあ、ゆっくり理解すれば良いよ!さて、野球のルールをクイズで勉強してきたが、たまにはいいものだな!これからも少しずつルールは覚えていこう。必ず知識が味方してくれる時が出てくるはずだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
一球たろうをフォローする
野球っておもしろい