ベース上にランナーが2人!ルールではタッチされたらどちらがアウト?

スポンサーリンク
守備
スポンサーリンク

この記事ではベース上に2人のランナーがいる場合、両者がタッチされたときどちらがアウトになるのか、野球のルールを紹介しています。

野球は思いがけないハプニングが起こるものです。

よく起きがちなのが、ランダウンプレーでベース上に2人のランナーがいること。この場合、両方にタッチするとどちらがアウトか分かりますか?

一球たろう
一球たろう

野球指導歴10年の一球たろうがご紹介します!

スポンサーリンク

たまに起きるベース上に2人のランナー

スクイズだから、俺は突っ込まなきゃいけないな…ゴー!!!って失敗してるやん!!やばい。挟まれた!急いでベースに戻って…

俺はセカンドランナーだし、とりあえず三塁にいればいいかな…?あ。あいつも戻って来た。動かないのが正解かな…?

うう。どっちもタッチされた…

一球たろう
一球たろう

さて問題です!どちらがアウトでしょう?それともどちらもアウトでしょうか?はたまた、どちらもセーフ?

これに答えられない場合、絶対にこの記事を読み進めてください。とても大事なルールの話です。最悪の場合ゲッツーを取られることも…

ランナー二・三塁や一・三塁の状況で、エンドランやスクイズなどを仕掛けたとき、このパターンに陥ることがあります。

通常自分がベースを踏んでいる限り、タッチをされてもアウトになりません。

しかし、この場合だともしも「どちらもセーフ」なんてなると、プレーが進まなくなりますよね。なので、まず「どちらもセーフ」は不正解

次の項で早速答え合わせをしましょう!

ベース上にランナーが2人いてどちらもタッチされた!正解は…

例えば二塁ランナーと三塁ランナーが、三塁ベース上にいるとしましょう。

図のような感じですね。この状況で、どちらのランナーにもタッチしたのであれば、アウトになるのは

二塁ランナーです。

はい。正解だった人拍手!間違った人はこの後の記事もしっかり見てね!(とっておきの作戦も伝えます)

ベース上にランナーが2人いる場合、占有権は誰にあるかが考えられる

ではなぜ、ベース上にランナーが2人いてどちらもタッチされた時、二塁ランナーがアウトになるのでしょうか。

これはベースの「占有権」というものが、1ベースにつき一人だからです。

これさえ理解すればよい!!

この場合、「ベースの占有権」というものが考えます。

基本的にベースの占有権は、一つのベースにつき1人。分かりやすく言うなれば、満塁の状況は一人のランナーに一つずつ「安全地帯」がありますよね。

しかしランナーの主張する「占有権」が、もしも被っていた場合ベースを占有する権利は「先にいた方」と判断されます。

つまり二塁ランナーは「後に来た方」なので、ベースの占有権はなくなるのです。だから、ベース上に2人いる状況でどちらもタッチされたら、占有権のない二塁ランナー「のみ」がアウトになります。

もしも…もしもの話で…

三塁ベース上に2人ランナーがいる状態で、二塁ランナーがタッチされる直前に三塁ランナーが離れていたら…

その状況で例えば、①三塁ランナー(三塁ベース離れている)②二塁ランナー(三塁ベース踏んでいる)の順で2人がタッチされると

  • 三塁ランナー:アウト
  • 二塁ランナー:セーフ

となります。まあ、これは何となく分かりますよね。

当然これが逆で、三塁ランナーが三塁ベースを踏んでいて、二塁ランナーがベースから離れているならば、二塁ランナーのみがアウトです。

プロでも失敗する。ベース上に2人のランナー

この失敗例は、一塁ランナーと二塁ランナーが二塁ベース上ではち合わせたパターンですね。

守備側はどちらのランナーにもタッチし、審判はしっかり「一塁ランナーに対して(指差しまでして)」アウトを宣告しています。

そして、大失敗しているのはもともと二塁ランナーだった人が、一塁まで戻って行っちゃっていることです。本来このランナーには、二塁ベースの占有権があるため、二塁ベースにいていいのです。

逆に言えば、一度占有したベースにランナーは「戻ってもいい」ということになりますね(メリットはありませんが)。

ついでにこの動画をよく見ると、二塁ランナーは二塁ベースから諦めて離れている瞬間に、タッチされていますね(動画29秒あたり。審判が見逃しています)。本当ならゲッツーです。笑

ある意味プロでも一瞬何が何だかわからなくなるプレーということです。

野球ってこの点やっぱり、頭脳が重要なスポーツであることを思い知らされます。

ランナーがベース上に2人いるとき、守備側ならこれをやってみよう!

僕がチームにこのルールについて教える時、ついでに守備をしている際、この状況になったときの作戦を教えています。

相手ランナーがルールを知らないということを前提にすると、運が良ければゲッツーを取ることができる作戦です!

ここで、皆さんと共有できればと思います。(状況は、無または一アウト二・三塁とします)

ゲッツーを取るための作戦1:三塁ランナーのみにタッチ、しばし待つ…

ベース上に2人のランナーがいる状況を逆手に取った作戦です。

ランナーを追い詰めたとき、三塁ランナーのみにタッチをします。そして待ちます…笑

ルール上の判定では三塁ランナーはセーフであり、二塁ランナーもまだアウトにはなっていません

もしもこの状況で、三塁ランナーが諦めベースを離れたとき三塁ランナーをタッチしましょう(三塁ランナーアウト)。

さらに、重なって欲しい幸運は、二塁ランナーが「自分がアウト」と思って(タッチしていないのでセーフ)ベースを離れたら、二塁ランナーにもタッチ。

はい。ゲッツーの完成です。

あり得なさそうですが、起きうるプレーです。何しろ、一球たろうはその現象を練習試合で見ましたからね。

ゲッツーを取るための作戦2:三塁ランナー、二塁ランナーの順でタッチ

要するに先ほどのメジャーリーグでのようなプレーが起こることを期待します。

三塁ランナー、二塁ランナーの順でタッチすれば、二塁ランナーのアウトは確定しています。

もしも三塁ランナーが「自分がアウト」と思ってベースを離れれば三塁ランナーにもう一度タッチをしましょう。

はい。ゲッツーの完成です。

この時のコツは、最初の三塁ランナーをタッチしたときに、大きな声を出して少々強め(妨害を取られない程度)にタッチをすることです。

二塁ランナーにはさりげなくタッチをしておきましょう。(せこい…)

ランナーがベース上に2人いるとき、ランナー側ならこれをやってみよう!

もしかすると、とっさに頭が働かなくなるかもしれません。頭が働かなくなったり、ルールをど忘れしたときは、次に紹介する項目をやってください。

ルールを覚えていたら、その次の項目で紹介することをやってみてください。

ルールど忘れのパターン

もしも、自分がランナーをやっていて同じようにベース上に2人になってしまったとき、ルールをど忘れして、タッチからは逃れられそうにないのであれば「絶対動かない」でください。

動かなければ審判がやってきて、「お前がアウト」ときちんとコールしたり、ランナーをプレーからつまみ出そうとします。

分からなければ、動かないのが得策です。

ルール覚えているパターン

逆にルールが分かっているのであれば、占有権が「ない」側のランナーがギリギリまで、ボールを持っている野手を引き付け、占有権のあるランナーがベースに戻った瞬間、全力で戻ってください。

野手はアウトは一つ取りたいはずなので、追いかけてくるはずです。

占有権がない方が戻るということは(例えば二塁ランナーが占有権がない側とする)、ホームから対角のベースでプレーが起きるということです。

つまり、三塁ランナーはホームベースに帰るチャンスがやってくるのです。

小学生だとかなり高い確率で、中学生だと中位くらいの大会であれば、ばたばた混乱しているときに対角にタッチしやすいボールを投げられる野手はそうそういません。

だから、二塁ランナーはなんとか二塁ベース周辺でのプレーまで粘り、三塁ランナーは隙を見てホームに突っこむのです。

しかも守備側には「コリジョンルール」を守る必要があります。ランナーはそこもきちんと見ておいてくださいね。

コリジョンルールの基本を解説!殺人タックルの予防とは?
この記事では、コリジョンルールの基本的な解説と、コリジョンルールが導入されるきっかけとなった殺人タックルについて紹介しています。野球界では、比較的新しいルールであるコリジョンルール。小・中学生の部活動程度では、上位の大会にならない限り、審判がコリジョンをコールすることは難しいです。ここでは、そのコリジョンの基本を解説し、導入の元となった殺人タックルについて紹介します。

うわ~~何だか、どさくさ紛れにいろいろ仕掛けるんですね~~

一球たろう
一球たろう

何と、この作戦で三塁ランナーが生還した確率は100%だ!!まあ、チャレンジ出来た回数は10回くらいだがな。

でも数値が物語っていますね。やっぱり、どさくさ紛れってのがいいんでしょうか?

一球たろう
一球たろう

そうそうあるプレーじゃないだけに、頭がフル回転中だからな。まだ小・中学生ならメンタルまでは完璧に鍛えられていない。そこを突いた作戦と言えるな。教えておくことで、逆に守備側なら冷静に対処できるし。

なるほど。練習していて、損はないわけですね。

ベース上にランナーが2人!ルールではタッチされたらどちらがアウト?:まとめ

ベース上に2人のランナーがいて、どちらもタッチされると「占有権」の関係から、例えば三塁上に三塁・二塁ランナーがいる場合、「二塁ランナー」がアウトになります。

メジャーリーガーでも勘違いを起こすプレーなので、きちんと理解しておきましょう。

仮に守備側ならば、ベース上に2人のランナーがいる場合「二塁ランナーにタッチして待機」「どちらもタッチして三塁ランナーの勘違いを待つ」作戦を取りましょう。

ランナー側なら「ルールが分からなければ動かない」「ルールが分かるのならば、占有権のないランナーは戻る」をやってみましょう。

一球たろうのチームでは、100%の確率で三塁ランナーはホームに生還することができていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
一球たろうをフォローする
野球っておもしろい